健康な歯を保つための歯に関する知識や
森山歯科医院の取り組みなど、さまざまな歯に
関する情報をお届けします。

2014年11月15日

私の活動

歯科医師会に所属している私達は 歯科医院内だけの仕事だけでなく 往診もしております。
それ以外に私の場合ですと、春日井市立不二小学校の1年生・4年生約280名の歯科検診、就学児検診、1.6才児健診、母親健診、3才児健診があります。
他に休日診療当番、6月 12月の「歯の健康教室」に出動。
嚥下予防セミナー、いきいき健口教室10回の講師などに従事しています。
かつては介護保険認定委員をつとめ、事業所の検診・妊婦セミナーもやっておりました。
また歯科医師会の会長はじめ理事の先生方はそれ以外に、いろいろな会議に出席してみえます。
皆さんの健康のために 我々頑張っているでしょ。

さて 一つ問題です。 次のうちむし歯にならないのはだ~れ?
1 ミッキーマウス
2 ドナルドダック
3 くまのプーさん
答えは 12月の院長ブログで発表しま~す。

2014年11月1日

多種雑感


歯科大学卒後、33年(開業して24年)たちました。
卒業当時、歯科医療の中心はむし歯治療・歯周治療でした。

その後、文部省・厚生労働省の児童、生徒に対する衛生教育や歯科検診などが効を奏し、 飽食の時代にもかかわらず、むし歯の罹患率はかなり減少してきました。おかあさんがすでに歯科衛生教育をうけてきた世代ですからね。

変わって高齢化社会の到来と共に歯周病がクローズアップされてきました。

高齢者は、糖尿病・心臓病・脳卒中・骨粗しょう症・高血圧などいろいろなお薬を服用してみえ、 また機能の退行もあいまって唾液の分泌が減少し、歯周病の治療の妨げになっている場合があります。

入院されたりするとより口腔内の状態が悪化しているのをよく見受けます。

ブラッシング、マッサージなど大切ですね。ご家族でお困りのかたはご相談くださいね。