健康な歯を保つための歯に関する知識や
森山歯科医院の取り組みなど、さまざまな歯に
関する情報をお届けします。

2020年10月15日

児童虐待

こんにちは。
愛知県春日井市の森山歯科医院の森山隆平です。

本日のブログは
愛知県歯科医師会会長の内堀典安先生の
記述から引用させていただきました。
御了承ください。

愛知県の2018年度児童相談センターにおける
相談対応件数は17691件で前年度に比べて704件の増加

この内児童虐待に関する相談件数(名古屋市を除く)は
4731件と過去最高だった。

その内訳は
・心理的虐待 55.2%
・身体的虐待 28.7%
・ネグレクト(育児放棄)15.1%

被虐待児の年齢層は
・小学生     32.3%
・3歳以上就学前 25.1%
・3歳未満    20.4%

の順になっています。

児童虐待は4種類に分類され
このうち ネグレクト(育児放棄)の被虐待児の身体的特徴として
・清潔感の無さ
・低身長、低体重
・肥満
・虫歯の多さ

心理的特徴として
・愛着障害
・暴力的行動
・猜疑心、自己否定感が強い
などがあります。

児童虐待の問題としては被虐待児の心身両面の健康面もあるが、
成長し保護者になった場合に加害者(虐待を自分の子におこなう)になる世代を超えた
負の連鎖
が起こりやすいといったことも重大な問題です。


私達歯科医師は日頃から検診などで虫歯の多さを常に意識し、
被虐待を疑うことに留意しています。

私もこの10年ほどで
異様に多い虫歯の2人を被虐待児の可能性を疑い、
児童相談所に通報しました。

2020年10月1日

8020表彰

こんにちは。

愛知県春日井市の森山歯科医院の森山隆平です。  
今年も8020表彰の時期が来ました。森山歯科医院でも 
3人の方を表彰させていただきました。

8020表彰は80歳で
20本以上自分の歯がある方を
その口腔衛生の尽力に敬意を表し、表彰状を送ります。

毎年森山歯科医院では5〜6名は
表彰対象がみえるのですが
今年は4月から6月の審査対象期間がコロナの影響で 
ステイホーム期間と重なり審査対象者の来院が少ないこともあり 
3人の方を表彰させていただきました。

下の写真のように皆さん背筋が ピンとされています。
森山歯科からは 記念品として時節柄 高性能マスクをプレゼントさせていただきました。